味方と敵を区別するのに必要

試合

社会人でもサッカーサークルを作っている人は少なくありませんが、そこで必要となってくるのがサッカーユニフォームです。どんなものでもOKかといえば、決してそんなことはなく多くの場合はチームオーダーされたものを着ることになります。というのも、社会人サークルとなればいろんなチームと対戦することとなりますが、相手チームだけでなく味方チームでもあまり顔見知りでないことも少なくありません。その状態でサッカーユニフォームまで違っていたら、どっちが味方かどっちが敵か区別することができず試合が成り立たなくなるケースがあります。それを予防するためにも、サッカーサークルに入ったらチームオーダーされたユニフォームを着ることが大切です。

シャツのみかシャツとパンツ

サッカーのユニフォーム

サッカーユニフォームをチームオーダーするとき、シャツだけ注文するか、シャツとパンツを一緒に注文するかの選択肢に悩まれることがあります。チームオーダーされたサッカーユニフォームの大きな役割が試合中に味方と敵を識別することにあるため、基本的にはシャツのみでも大丈夫です。また、社会人サークルとなるとメンバーがユニフォーム代を自己負担することとなりますが、メンバーの家庭によってはあまりお金を出せないケースもあるでしょう。でも、シャツとパンツよりもシャツだけの方が当然安くなるため、メンバーの経済的な負担を軽減することにも繋がります。シャツだけユニフォームのデザインを合わせて、パンツは短パンやスパッツやジャージなどメンバーの都合に合わせたものを選ぶことができるのもメリットの一つと言えるかもしれません。メンバーによっては、短パンを嫌う人もいればジャージでプレイするのを好まない人もいるからです。

選ぶポイントの一つに納期

試合

またサッカーユニフォームを製作してくれる企業はいくつもあるため、どこにするか迷われるケースがあります。そのとき、選ぶポイントの一つとして納期を忘れないようにしなくてはなりません。すでにサッカーの試合が決定しているときなど、サッカーユニフォームを必要とする日時が決まっていることがあるからです。ユニフォームがなければ、相手のメンバーと区別がつきにくくなりますし、背番号がないため審判も戸惑ってしまいます。そのため、チームオーダーするときは、納期がいつになるかチェックしておく必要があるでしょう。もちろん、完成したユニフォームのチェックも必要となるため、その納期は試合の前日などギリギリにならないよう余裕を持たせることも大切です。

広告募集中